技術系の国家資格である「歯科技工士」について、その将来性をまとめてみました。

歯科技工士の仕事

歯科技工士の仕事についてまとめてみます。

歯科技工士の仕事の内容

歯科技工士の仕事内容は、簡単に言うと歯の詰め物や被せ物、入れ歯等を作る事です。
この仕事はあまり耳にした事が無いという人も多い職業ですが、とても大切でやりがいのある仕事だと言えます。

歯科技工士は歯科医師等から「この様なものを作ってくれ」と依頼を受けます。
そして、その依頼を元に患者の口の形、歯の形、かみ合わせ等に合う物を作ります。

歯科技工士は、歯科医師や歯科衛生士と違って直接患者の口の中を見たり、触ったりはしません。どんなに歯科医師の腕が良くても、口の中に装着するものが悪ければ上手な治療とは言えませんから、歯科技工士の仕事は、私たちが歯を治療する際、絶対に無くてはならない仕事だと言えます。
上手な歯の治療には、歯科医師や歯科衛生士だけでなく、歯科技工士の知識と技術が大切なのです。


精密な仕事を行う技術職

歯科技工士の仕事は、歯の詰め物を作ったり矯正器具を作ったり、それぞれの患者さんに合わせて調整したりするというものです。いろいろな材質を使って、個人の状態に合わせて作らないといけないので、精密さが求められる技術職と言えるでしょう。


基本的に歯科技工士の独占業務

本来、こうした作業は歯科医師と歯科技工士の両方ができることになっています。
歯科医師も歯科技工の教育を受けているのですが、緻密な作業が求められますし、時間もかかるので、歯科医師が作業をすることはほとんどありません。そのため、実質的に歯科技工士の独占業務となっています。

こうした背景から、資格保有者で確かな技術を持つ人は、たくさんの仕事を行うことができて、安定した仕事となります。

運営者情報

「歯科技工士の将来性」

仕事のホントを掘り下げる
Work Media

↑ PAGE TOP