歯科技工士の技工技術の現状は世界的に見るとどうなのでしょう。「歯科技工士」についてまとめてみました。

歯科技工士の技工技術の現状

歯科技工の仕事は世界中にありますが、日本の歯科技工士の技工技術の現状はどうなのでしょうか?

日本の歯科技工士は世界トップレベル~歯科技工技術の現状

日本の歯科技工士の現状実は日本の歯科技工士の技工技術の現状を見ると世界水準的にトップクラスと言われています。

歯科医療技術者として歯科技工士養成の教育プログラムを作り、実施している国は非常に少なく、さらに日本のように国家資格として技術レベルを管理している国はほとんどありません。
ほとんどの国では、地域や州などの単位で管理していますが、中には私設機関で管理している国もあるほどです。

日本では、歯科技工士は国家資格であることから、歯科技工士には歯科医療の知識はもちろん、要求される職人的な技術、緻密な作業を含めて育成されていきます。しっかりと基礎ができているということは、特に技術を活かす仕事において非常に重要なことです。

このように、基本技術をしっかりと国家資格として管理し、その基準に従って人材を育成する(世界的に見て数少ない)システムによって、日本の歯科技工士の技工技術の現状は世界トップレベルになっています。

さらに、従来、都道府県で行われていた歯科技工士国家試験も全国統一化されたことにより、歯科技工教育のスタンダード化が進み、今後、より歯科技工技術の平準化が図られ、グローバルに活躍できる人材輩出が期待されています。

運営者情報

「歯科技工士の将来性」

仕事のホントを掘り下げる
Work Media

↑ PAGE TOP