技術系の国家資格である「歯科技工士」について、その将来性をまとめてみました。

変わる作業環境

変わる歯科技工士の作業環境(CAD/CAMなど)についてまとめてみます。

CAD/CAMとは?

CAD,CAMで変わる歯科技工士の作業環境|歯科技工士の将来性歯科治療の際に使われる修復物や補綴物(インレー、部分被覆冠、全部被覆冠、ブリッジ、部分床義歯、全部床義歯、インプラント上部構造など)のほとんどは手作業により製作されてきましたが、設計や加工の一部をコンピュータ制御の機器に置き換える一連のシステムが登場しました。
このシステムをCAD/CAMと呼びます。


CAD/CAMによる歯科技工のメリット

CAD/CAMを使って製作される被せ物は、均質かつ安全性を保証されたブロックから削りだされるため、品質のバラツキを抑えることが可能となります。また、同時にインプラントの被せ物が患者さんのお口に入る際に、何時・何処で・誰によって・どんな材料を使って作られたのかというトレーサビリティー(生産履歴)を提供できるメリットもあります。


変わる作業環境

CAD/CAM(コンピュータシステムによる設計、削り出し)の保険適用により、歯科技工の世界にもデジタル化が急速に普及しています。具体的には、3Dスキャナー、3次元CAD、切削加工機器や3Dプリンターなどを使ったシステムとなっている為、従来の細かい手作業によって被せ物を削る作業環境から、大手技工所を中心にパソコンを使いこなすWebデザイナーに近い作業へと変わりつつあります。

今後さらにCAD/CAMシステムが進歩していくことが予想され、歯科技工士の仕事・作業環境は大きな転換期を迎えていると言って良いでしょう。

運営者情報

「歯科技工士の将来性」

仕事のホントを掘り下げる
Work Media

↑ PAGE TOP