歯科技工士の仕事の将来性はどうなのでしょう。「歯科技工士」についてまとめてみました。

「歯科技工士の将来性」とは

はじめに~歯科技工士の将来性

歯科技工士の仕事を知るなら「歯科技工士の将来性」

長らく続いてきた終身雇用制度が崩れつつある現在、自らが技術を身に付ける生き方に再び焦点が当たってきていています。このサイトでは技術系の国家資格である「歯科技工士」について、その将来性をまとめてみようと思います。
これまで歯科技工士と言えば、知る人ぞ知る職業といった印象でしたが、近年、デジタル化が急激に進んでいて仕事の作業環境も大きく変わってきているようです。また、歯科技工士ととして学んだ技術をもとに活躍の場を世界に広げている歯科技工士も増えてきています。
歯科技工士に限らずどんな職業でも、やりがいを持ち、将来を見据えて仕事に取り組むことで、将来は開けます。当サイトがその為の判断材料になれば幸いです。

データで見る歯科技工士~歯科技工士の将来性

歯科技工士の将来性を考える前に、歯科技工士のデータを見てみることにしましょう。
厚生労働省が出している統計データによると、平均年収・平均年齢・平均労働時間・女性比率は下表のようになります。これを見ると、一般的なサラリーマンよりも年収が高く、平均年齢が若干高い印象です。

平均年収 432万円
平均年齢 36.2歳
月間平均労働時間 170時間
女性比率 35.5%

※平成26年度「厚生労働省:賃金構造基本統計調査」より

運営者情報

「歯科技工士の将来性」

仕事のホントを掘り下げる
Work Media

↑ PAGE TOP